乳酸菌の豆知識

最近になって菌活という言葉が知られるようになりました。多種多様な菌はそれぞれに違った働きがあり、うまく取り入れると健康や美容に良い、という考え方に基づく食生活を指します。対象になるのは乳酸菌・納豆菌・麹菌・きのこということになるでしょう。これなら普段の食事に取り入れることができそうです。ヨーグルト・チーズ・ぬか漬け・キムチ・納豆・みそ・甘酒・塩麹・醤油麹・きのこが具体的な食材になりますから、これらを見ればいずれも容易に食卓に揃えられそうな食材ばかりです。

ところで健康や美容の観点からこれらの有効なのはヨーグルトです。ヨーグルトの整腸作用は、善玉菌を増やしたり抗肥満効果が期待できます。善玉菌を腸内に多く持つ人は太りにくい傾向にあります。しかしヨーグルトの有用菌は胃酸に弱いので、腸にたどり着くまでに死滅してしまう割合が高いのも事実です。ですから空腹時に食べるよりは食後が良好です。また適量は1日あたり200mgとされています。

また腸内で善玉菌を安定的に増やすのに寄与しているのは食物繊維です。すなわち腸の掃除屋さんだけではなく腸内細菌の調整まで行っているのです。そこで食物繊維を積極的にとるのが良いでしょう。特に便秘体質の人には排便を楽にする作用があり、ダイエットを行っている人にも有効です。摂取量は成人の場合100kalあたり1gが推奨値となっています。そこで1日の総カロリー摂取量が2000kcalであれば20gを摂ることになります。ヨーグルトの有用菌と食物繊維は相乗効果があることになりますので、両者を効果的に食事に取り入れるようにします。

サッカー01

コメントは受け付けていません。