納豆菌の豆知識

納豆菌とは、稲の藁に多く生息する枯草菌の一種です。従来は納豆の製造に利用されるのが主でしたが、近年美容美肌、整腸、ダイエット、風邪予防などの効能があることが実証されてきて、これを含む医薬品が開発、販売されるようになりました。
中でも美容において特に注目されています。
まず胃酸に強い菌なので、胃を通り抜け腸に達することができます。肌荒れや吹き出物の原因となる腐敗菌の毒素は便秘によってもたらされるのですが、腸内でビフィズス菌を増加、安定させることで便秘にならないように働きかけてくれるのです。乳酸菌と同じく、善玉菌として分類されていますが、乳酸菌より効果が持続するというのも広く知られています。
また美肌効果もあり、この菌に含まれているポリアミンが基礎代謝を高めることがよく知られています。ポリアミンは加齢とともに減少するものです。老化に関連する要素のひとつであることは間違いなく、これを摂取し体内に取り込むことでアンチエイジング効果も期待できます。
この菌から産まれるナットーキナーゼという酵素は、血液をサラサラにしてくれます。きれいな血液が流れていると肌の血色が良くなります。健康な肌を維持することが確認されています。

サッカー02

コメントは受け付けていません。