自分に合った菌の見分け方

菌活というと、怖がられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
最近は、雑誌で特集を組まれることも増えこの言葉が流行っています。
実はこの菌活、意外と身近で行われているものなのです。
菌活とは、身体にいい働きを与えてくれる菌を積極的に食事などで摂取することです。
菌は大きく分けて二種類あります。
細菌と、真菌です。
細菌は、ヨーグルト、ぬか漬け、チーズ、納豆などがあります。
真菌は、麹やパン、キノコなどです。
どれも身近にあるいわゆる健康的な食品の印象が高いものでしょう。
これらは、体内のデトックスを促したり便秘や美肌効果など様々な症状へ働きかけてくれます。
特にこの中でも一番取り上げられているのはキノコです。
キノコそのものが菌の塊なのですが、肉眼で見える菌としては一番と言われるほど大きいです。
きのこは、免疫力アップやビタミンBによる美肌効果が期待できます。
その他にも、納豆はイソフラボンに似た働きをすることから若返り効果、ヨーグルトは整腸作用、などとそれぞれ働きは違います。
菌は、その時に大量に取るのではなく、続けて食べていくことが効果を出す秘訣です。
そのためには、味や料理の好みに合う食材を選ぶことも大切です。

自分に合う菌を見つけて積極的に摂取することが、気になる症状の緩和に繋がるかもしれません。

サッカー06

 

コメントは受け付けていません。